パーソナルスペースを理解し、上手に使いこなしている人は友達が多い!?

【パーソナルスペース】。この言葉、一度は聞いたり、耳にしたことがあるかもしれません。とても有名な心理学で使われる用語の一つ。この【パーソナルスペース】を上手に使いこなしている人は、友達が多く、人気者の方が多いってご存知でしょうか?

パーソナルスペースを理解し、利用することで、相手が自分に対し、どのように思っているのか?『好き』なのか『嫌い』なのか?が、見抜けるため、パーソナルスペースをうまく活用している人は、友達付き合いの上手い人が多いです。別の表現でいえば「場の空気が読める人」と言えるでしょう。

 

パーソナルスペースって何?

パーソナルスペース(英:personal-space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる(wikipediaより)

 

パーソナルスペースとは心理学用語で、「他人に侵害されたくない、自分の空間、縄張り」のことを言います。たとえば、会話するとき、あまりにも近いと『不快』と感じませんか?

パーソナルスペース

 

人それぞれ、見えないバリアが存在する

人には、入って来てほしくない「見えないバリア」というものが各々存在し、無意識で『パーソナルスペース』を確保しているのです。上司といえども、部下の『パーソナルスペース』に、ズカズカと入ってきたら『不快』と感じるので気を付けましょう。

パーソナルスペース2

 

満員電車が『不快』の理由

朝の通勤ラッシュ時の電車内。物理的距離が取れないため『パーソナルスペース』は確保できなくなり、そのため『不快』に感じる空間でもあります。

満員電車

 

座席が端から埋まっていく理由

電車やバスの席で、角や端から埋まっていくのは、少しでも自分の『パーソナルスペース』を確保しようとする人間の心理なのです。

車内パーソナルスペース

 

 

パーソナルスペース 「男性と女性の違い」

パーソナルスペースは男性と女性では、エリアの大きさ、形が違います。
下記図のように、♂男性は前方に長い『楕円形』、♀女性は『円形』が一般的とされております。

パーソナルスペース3

 

パーソナルスペース 「性格」や「育ち方」によっても違う

性格が「社交的」、「明るい」、「ポジティブ思考」、「横柄」、「自信家」のタイプの人間は、パーソナルスペースが狭く、逆に「内向的」、「暗い」、「ネガティブ思考」、「心配性」、「控えめ」のタイプの人間は、パーソナルスペースが広く、一般に比べて+20cm以上もパーソナルスペースが大きくなると言われております。

ポジディブネガティブ

 

 

4つのゾーンのパーソナルスペース

1966年、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールは、パーソナルスペースには『4つのゾーン』と『2つの分類』があると発表した。4つのゾーンとは密接距離(きみつきょり)、個体距離(こたいきょり)、社会距離(しゃかいきょり)、公共距離(こうぎょきょり)に分類でき、それらをさらに近接相(きんせつそう)と遠方相(えんぽうそう)の2つに分類することができる。

■密接距離・・・・恋人空間
-近接相(0〜15cm)カラダとカラダが密着できる距離。
-遠方相(15〜45cm)手を軽く持ち上げれば届く距離。

■個体距離・・・友達空間
-近接相(45〜75cm)自分の手のひらが相手の肩に掛けられるくらいの距離。
-遠方相(75〜120cm)お互いが手を伸ばせば指先が触れあう距離。

■社会距離・・・知人空間
-近接相(1.2〜2m)はじめてお会いした人と話すとき、ビジネスで商談をする際、用いられる距離。
-遠方相(2〜3.5m)公式な商談や、会社の役員会議などで用いられる距離。

■公共距離・・・大衆空間
-近接相(3.5〜7m)セミナー会場などで、セミナー講師と生徒との距離。
-遠方相(7m以上)社会的立場が高い人が、公衆の前で演説するときの距離。

パーソナルスペース図

 

 

パーソナルスペースを使った『親密度距離』の計り方

パーソナルスペースは「他人に近付かれると不快に感じる空間」。なので距離が短ければ短いほど『親密度』は高くなります。そこで、パーソナルスペースを利用して、相手がどのくらい自分に『親近感』を持っているのか?試すテストがあります。

テスト① グラスを近づける

imagesカフェでお茶したり、お酒を飲みに行ったときなど、相手のグラスに、自分のグラスを近づけて置いておく。相手があなたに対し【親近感を持っている】と、グラスは、そのままの位置だったり、さらに近づけたりします。もし相手が【親近感を持っていない】と、グラスの距離は、少しづつ離れていく現象がおきます。

理由は、グラスやコップは『口(くち)』にするものなので、グラスが近ければ近いほど『関節キッス』を無意識に想像します。『キス』は好意の現れ!グラスは「自分の口」の分身と思い、グラスが近づけば近づくほど、相手は好意や親近感を持っていることになるのです。

 

テスト② テーブルで座ったとき、相手の手に注目

テーブル席で、あなたがテーブルの上に手を置いたり、ひじを掛けたとします。お相手も同じく、テーブルの上に手を置いり、ひじを掛けた場合は、あなたに『親近感』を持っています。そのとき、さらに上体を【前のめり】にして、あなたに少しでも近づいて、話を聴こうと『顔』を近づけた場合、それは、かなり親近感、好意を持っている証拠。

テーブル男女

 

逆に、相手がテーブルの上に手を置いたり、ひじを掛けたときに、あなたも同じようにテーブルの上に手やひじをを置いたとします。そのとき、相手がテーブルの上から自分の手をサッと引っ込めた場合は【親近感を持っていない】と思ってください。また下記の画像のように、自分の足の上に、手を置いた状態が、ずっと続くようなら、まだまだ相手は緊張しています。

テーブル男女会話

 

 

パーソナルスペース 距離の縮め方

パーソナルスペースは無理矢理入ってくると、相手を「不快」に感じさせてしまうので、不快にさせないためにはどうすればいいのでしょうか?

真正面から行かず、後方から近づいて話しかける

男性はパーソナルスペースは前方に長いので、話しかけるときは、右利きの人の場合は【右側後方】から、左利きの場合は【左側後方】から声を掛けると、パーソナルスペースは侵害されないため、不快に感じず、スムーズにコミュニケーションを図れるでしょう。
男性の場合

 

横一列になれるカウンター席は親密度が増す

カフェやお酒を飲みに行った際、真正面で座るテーブル席よりは、カウンター席など、横一列、隣同士になる席の方が、パーソナルスペースは侵害されず、より親密度も高まるでしょう。仲良くなりたいなら、隣同士になる席を選ぶことです。

カウンター席にて

 

 

まとめ

パーソナルスペースは心比較的簡単に利用できる心理学の一つです。相手の距離を知ることで、相手がどのくらい自分に親近感を持っているのかが簡単にわかります。

パーソナルスペースは性格、育ち、環境によって変化しますので、パーソナルスペースが広いからと言って、決して嫌われたわけではありません。好きな人と近い距離に居たいのは十分理解できますが、だからと言ってパーソナルスペースの距離を一挙に縮めようとすると、相手が怖がります。ゆっくり焦らず、時間を掛けてパーソナルスペースを縮めてください。

 

“パーソナルスペースを理解し、上手に使いこなしている人は友達が多い!?” への1件のコメント

  1. 【行動心理学】バレずに男性を操る恋愛の行動心理学と心理学20選! より:

    […] 出典元:心理戦マスター […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です