初デートであなたの好感度をアップさせ、無意識にホレさせてしまう恋愛心理【待ち合わせ編】

片思いの異性を初デートの『お食事』に誘うことに成功したら、次はあなたに興味を持ってもらう必要があります。食事に誘っただけで満足してはいけません。ここからが勝負です!

これから心理学を応用した「初デートの待ち合わせ」から、「食事するときの座る位置」、「相手に興味をもってもらうための会話術」など、初デートであなたの好感度をアップさせ、相手にホレさせてしまう恋愛心理テクニックの数々ご紹介。今回は「初デート・待ち合わせ編」です。

 

初デートの待ち合わせ『第一印象』こそ重要である!

人と人との出会いで、第一印象がいかに大事か!人は出会って、たった5~10秒の間で印象を決定します。これを心理学では『初頭効果』といい、最初の印象がインパクトとして記憶に残るため、もし第一印象が悪いと、ずっとそのままの印象が続き、挽回するのは至難の業。

初デートの『待ち合わせ』は、異性と初めて二人っきりで出会う場所。第一印象が悪いと、後々のお食事にも影響しますので、ここはしっかりポイントを押さえておきましょう!

待ち合わせ

 

 

【身だしなみ】

やはり、なんといっても「清潔感」がある身だしなみがベストでしょう! 髪がボサボサだったり、フケだらけだったり、服装もヨレヨレだったり、汗くさかったりしたら、相手はガッカリ。

デートの数時間前に必ずお風呂に入って全身をキレイにしましょう。鼻毛が出てないか、歯はキレイか、口臭は大丈夫か、眉毛は整っているか、肌はカサカサ又は脂ぎっていないか、まんべんなくカガミでチェックすること!

細かいところにも要注意です。男性の場合『爪』が長く伸びていると女性に「不潔感」を与えてしまいます。履いている『靴』も注意。色がハゲてたり、ボロボロだと「不潔感」を与えます。革靴の場合、出かける前は必ず磨くのも忘れずに!

女性の場合、毛先がボロボロだったり、お化粧が崩れたり、お肌がカサカサだったら男性に「不潔感」を与えますので注意が必要です。あと、お化粧も濃いメイクはイメージダウンする人が多いので注意が必要です。

待ち合わせ出典:excitei.smRoomy’s

 

 

【待ち合わせ場所には先に到着】

お食事に誘った方が待ち合わせ場所で先に待っているのは常識。日本人の場合は「約束の時間は守る=時間厳守」の心理があるので、約束の時間に遅れてしまうと相手に悪い印象を与えてしまいます。

好印象を与えるために、必ず待ち合わせ場所に先に到着し、相手を出迎えてあげましょう。

待ち合わせは遅れずに

 

 

【待っているときの姿勢・態度】

相手を待っているときの姿勢や態度も重要です。スマホや携帯をいじりながら、猫背で、タバコをプカプカふかしながら、立ち貧乏ゆすりして待っていたら相手はどう思います? 「なに!あの人!」と悪い印象しか与えませんよね。人間の心理では「姿勢が良い人」は相手に好印象を与えます。

どこで見られているか、わかりません。見ていないところでも姿勢や態度を意識して、相手を待っているとき、姿勢よく、今日の楽しいデート想像しながら、相手を気持ちよく迎えてあげましょう。

悪い姿勢

 

 

【笑顔で出迎える】

待ち合わせ場所にお相手が現れたら『笑顔』で迎えましょう。『笑顔』は好印象を与えるほか、相手をボジティブ思考にさせる心理効果もあります。また「これから楽しい食事ができそう!」と相手に期待させる心理効果もあるのです。

あなたが笑顔でいることで、相手も笑顔になり、笑顔になると心理的に「幸せ度」が上がるのです。

BSmpGUTIMAA8x9Z出典:待ち合わせ美女より

 

 

【薄暗い時間を選んで待ち合わせる】

目には『瞳孔』というものがあります。瞳孔は、明るいところでは径が小さくなり、暗いところでは大きく開きます。あと瞳孔は光の明るさ以外に「相手に性的魅力を感じたとき」に大きく開きます

例えば、暗いところで異性を見ると、いつもよりキレイに見えたり、かっこよく見えたりしませんか?それは暗いと人間の『瞳孔』は自然に大きく開くため、相手に好意を持ったと勘違いするからです。

この心理を証明するため、ある心理学者が実験を行いました。その結果、17時~23時の間に一目ぼれする確率がグンと高くなったという事に!その心理を応用するため、待ち合わせ時間を、陽が沈む寸前、もしくは夜にして、暗くなる時間を選びましょう。

待ち合わせ場所を「駅の改札口」や、明るい商業施設、店舗にせずに、薄暗いカフェや、ホテルのラウンジにして、光をなるべく遮断します。そうすることで、相手の瞳孔は大きく開き、あなたを見たとき「性的魅力を感じた」と思うでしょう。

待ち合わせ場所は暗いところがベスト出典:東京カレンダー

 

 

【相手をホメる】

私たち人間は「他人にホメられたい」、「認められたい」という心理的欲求を誰もが持っています。だから、その欲求を満たしてくれる人に好意を持ちます。その心理を応用して、待ち合わせ場所にお相手が現れたら、必ずホメましょう。

ホメるところはいろいろありますが、初デートで、初めて会う瞬間なので、やはり『外見』をホメるのがベストです。お相手も初デートで、かなり、おしゃれに気を使っているはず。

あまり具体的にホメると「いやらしさ」が出てしまうので、ここではさらっと「今日も素敵ですね!」、「今日も可愛らしいですね!」とシンプルに。もしお相手が同じ職場の人だったら「いつもと雰囲気が違いますね、素敵です!」とホメたりすると、あなたの印象はグンとアップするでしょう。

デート待ち合わせホメる

 

 

★高度テクニック★【ボディータッチ】

出会って10秒以内にボディータッチすると、親近感がグッと増し、第一印象もグググッと急上昇します。

初対面のボディータッチが好印象につながるからと言って、いきなりベタベタ、ボディータッチすると、かえって逆効果に! あくまでも、自然にさりげなくボディータッチを行うこと。

ボディータッチでも、一番、警戒されないカラダのパーツといえば『二の腕』です。これは男・女ともに『二の腕』は警戒心を与えにくく、触りやすい場所とされています。

それでは、自然に、さりげなく『二の腕』を10秒以内に触るにはどうすればいいのか?

例えば『二の腕』に糸くずや髪の毛などが付いているかのように演技して、さりげなく「何かついているみたい」と言いながら、手でパッパッっと払い『二の腕』にタッチします。たった、これだけでも、お相手は無意識に親近感を持ち、緊張が一挙にほぐれます。

ボディータッチのとき、あなたが緊張したり、息を荒くしながら触れば『下心丸出し』になってしまうので、あくまでも自然にさりげなく行ってください。それも出会って10秒以内です。成功すれば、相手との距離はグッと縮まり、あなたの印象も何十倍、好感度がアップに!

初デートお食事編

 

 

まとめ

初デートの『待ち合わせ』はお相手と二人っきりではじめて出会う瞬間です。はじめに良い印象を与えるか、悪い印象を与えるかで、後々のデートに大きく影響が出てくるため、気を使わなければいけません。

清潔感やホメ方などの心理テクニックも有効ですが、なによりも重要なのは相手を想いながら、落ち着いた感じで、どっしり待つこと。

あなたが緊張したり、オドオドしたら、誘われたお相手は『不安』になってしまいます。相手を不安にさせないためにも、落ち着いてゆっくり行動するよう心掛けましょう。大人の対応が試されるところです。

 

関連記事=『片思いの異性を初デートに誘う編 心理学を応用してスマートに誘う方法とは!?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です