【初心者向け】仕草や態度でわかる7つの感情サイン

 

ゲゲっ!!何も言ってないのに、なんで私の気持ちがわかっちゃうわけ??

 

それは簡単です。人間というのは、自分でも全く気付かないうちに、何気ない仕草や態度から、無意識に、いろんな『感情サイン』を出しているのです。

 

例えば、相手と話すときの顔の表情の動きやカラダの動きなど、また、相手との距離間の取り方だったり、一見、何気ない行動に見えてますが、実はそこには様々な大切なメッセージが隠されているのです。

 

こんな人にオススメ
  • 恋愛や職場、友人や知人など、人間関係をスムーズにしたい人
  • 相手より優位に立ちたい人
  • 物事を冷静に捉え、行動したい人

 

現代の心理学は、過去から現在までの莫大なデータを元に、目覚ましい進歩を成し遂げております。

 

人間が無意識にとってしまう仕草や態度を細かくデータ化し、統計学を用いて心理的にどのような反応を起こしているのか? 仕草や態度で、ある程度の人の心を読み解くことができます。

 

ただし、ちょっとした動作から、相手の心を読み解くには、ある程度の知識や経験が必要になるため、一般の人が習得するのは非常に難しいと言われております。

 

今回は初心者向けに、経験や知識がなくても、心を読む方法がいくつかあるのでご紹介します。題して「初心者でも簡単に仕草や態度で心を読み解く”7つの感情サイン”」をお伝えします。

 

感情サイン① 【姿勢】

【パターン①】ビジネスでの商談や交渉の際、相手(お客様)が身を乗りだして話を聞いているとき、あなた自身、又は、あなたのお話に、とても興味を持っているサインです。

 

【パターン②】お相手(お客様)が、あなたの真正面に座ったとします。テーブルの上に書類や筆記用具、コップや灰皿など、小物が散乱しており、それらを整理整頓して、あなたの自分の間に空間を確保しようとした場合、あなたに対して親しみを持っているサインです。

 

人は親しみを持つと、自分と、その人の間にある障害物を取り除く行動を取り、自分のテリトリーを解放したことになります。

 

逆に、自分の身を引いていたり、腕組みをしたり、机の上の物を盛んに触ったり、書類やコップを目の前に置いたりした場合、あなたのお話に全く興味を持っていないサインです。心にブロックをかけています。そんなときは速やかに話題を変えましょう。

身を乗り出す仕草

 

 

感情サイン② 【瞳】

【パターン①】視線をそらさず、あなたの瞳をジィ~~っと見つめ続けてお話する人は、自分に自信がある人又は相手を威圧してコントロールしようとしているサインです。飲みこまれないよう、視線をそらして、上手に受け流しましょう。

 

普段、あまり視線を合わせない人が、逆にジィ~~っとあなたの瞳を見つめてお話したときは要注意です。

 

あなたに対して、何かやましいことがあるか、又はウソをついているサインです。そんなときは相手の話に疑いを持ち、真意を見抜くよう心掛けましょう。

 

【パターン②】恋愛の場合、異性が視線をなかなか合わせてくれないとき「自分に気がないのかな~」と思いがちですが、実はその逆で、あなたに好意を持っているサインです。自信を持って相手と接していいかも!?

目線心理

 

 

感情サイン③ 【口】

【パターン①】唇を噛みしめている仕草は、言いたいことをガマンしているか、余計なことは言わないよう封印しているサイン

 

また口元がこわばっているときは、あなたに対して緊張もしくは拒絶しているサイン。お相手の緊張を和らげるために、笑顔で話しかけてあげましょう。

 

【パターン②】頬の裏に舌を押し当てている仕草は、あなたの話に興味がなく、退屈しているサイン。舌で唇をペロっと、なめ回している仕草は、逆に興味を持っているサインです。そのときは一気に攻めてもいいかも!?

口 心理

 

 

感情サイン④ 【手・腕】

【パターン①】会話中に、手を机の上に置いたり、手のひらを上にして相手に見せる行為をしたときは、精神的にリラックスしているサイン。あなたの会話をよく聞いている状態といえるでしょう。

 

逆に、手のひらをギュっとして、握りこぶしを作る行為は、あなたを拒絶しているサイン。相手は心を閉ざしています。

 

あなたに対して怒りを感じたり、不愉快に思っているかもしれません。話題を変えるか、会話を一旦終了して休憩を入れた方がよいでしょう。

 

【パターン②】会話の途中に腕組したときは『防衛状態』に入った判断します。腕組することでカラダを守っている状態なので、あなたの言動や行動に警戒しているサインと言えるでしょう。

 

お相手が何かを考えているとき、例えばアイデアを考案中に腕組した場合は、邪魔されたくない!というサイン。余計なことは言わず、お相手が何か言うまで大人しく、じっくり待ちましょう。

手 心理

 

 

感情サイン⑤ 【顔】

【パターン①】会話中に、お相手が口元を手で覆うような仕草をした場合、あなたに余計なことは言わないよう、自分のホンネを隠したいときのサインです。何かウラがあったり、もしかしたらウソをついているかもしれません。

 

【パターン②】会話中に鼻を触ったり、こすったりする仕草は、あなたやあなたのお話を疑っているサインです。

口を覆う心理

 

【パターン③】古畑任三郎のように、指で額の真ん中を押したり、トントン叩いたりする仕草は、納得していないか、承諾していないサインです。どうやって断ろうか、考えているところかも。

 

 

感情サイン⑥ 【頭】

【パターン①】会話中に相手が髪を触ったり、頭をゴシゴシかいたりする仕草は不安を紛らわしたり、気持ちを落ち着かせようとしているサイン。相手は緊張しています。

 

子供のころに親や先生からホメられたとき、頭をなでなでしてもらって、うれしかった経験のある人は、この傾向が強くでます。

頭を触る心理

 

【パターン②】会話中に相手が両手で頭を触る仕草は、あなたの話に退屈しているサインです。速やかに話題を変えるか、お相手に主導権を渡して、お相手の話を聴くようにしましょう。

 

感情サイン⑦ 【脚】

【パターン①】商談中に相手の膝や爪先があなたに向けているようでしたら興味があるサインです。逆にカラダはコチラを向いているのに、ひざや、つま先が全く違う方向を指していたら、あなたに興味をもっていないサインです。

 

【パターン②】会話中に、何度も足を組み替えている仕草は不愉快な感情を抱いていたり、イライラしているときに表れるサイン。そんな仕草をし始めたら、話題を変えるか、会話を切り上げた方がよいでしょう。

 

ここで注意したいのが女性の場合で、脚を美しく見せようと普段から意識している方も多いため、女性の場合は脚の仕草や態度で心を読み解くのは難しいでしょう。逆に男性の場合、脚に出やすいので、とてもわかりやすいです。

脚 心理

 

まとめ

仕草や態度で心を読み解くには、普段からお相手の状態を観察したり、知っておくことが、仕草や態度で心を読み解く方法として、とても重要となります。

普段から周囲の人や、気になる人の様子を、意識的に観察するようすると、相手の仕草や態度を見るトレーニングになります。仕草や動作で心を読み解くようになるには、まず『人間』という生き物を好きになりましょう。人間を好きになれば、必然と『仕草』と『感情』が見えて繋がってくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です